2015年1月12日月曜日

ウィーンからプラハへ その9 橋のある街



カレル橋の両端にはちょっとグロテスクな尖塔をもつ橋塔があります。
中世のころこの橋が街を守る唯一の橋だったため、軍事目的で作られたとか。
橋の北側から眺めると左にその搭がアーチ橋梁を受けるように建っていて、右には華麗なドーム屋根をもつチェコの芸術の殿堂「国民劇場」が鎮座します。
なんて絶妙なバランス!

こんなにも橋が似合う街を知りません。