2018年9月9日日曜日

海外スケッチ旅行にでかけよう ドイツ編 その11 ローテンブルクの城壁


 ローテンブルクは城塞都市。当然周囲は堅牢な壁でぐるりと守られているので、中から自分の街を見ることはできません・・・と思っていたのですがさにあらず。地図でこの町の城壁ラインを見ると一直線ではなく入隅と出隅が交互に組み合わさる形状をしているため、城壁の内側から自分の城の外壁を監視できるのです。なので銃眼の一つを覗くとこの通り、町の城壁を登ろうとする敵は・・・この銃眼から狙い撃ち!きっと敵は退散を余儀なくされるでありましょう。
 実はこの銃眼前のスペースも観光客の人気カメラスポット。彼らの視線を気にしつつしも、かつての兵士の気になって描いた一枚です。


2018年8月26日日曜日

海外スケッチ旅行にでかけよう ドイツ編 その10 ヴァイサー塔(白い塔)



 マルクス塔の北側二区画ほどのところにあるのががもうひとつの城塔、「ヴァイサー塔」です。この塔を正面に、両側にハーフティンバーの建物が並ぶさまはやはり中世そのもの。こんなに完璧に中世の街並みが残っているのに、実はローテンブルクは世界遺産ではありません。理由はよく知りませんが、ひょっとするとこの町の建物は必ずしも「古くない」ことにあるのかもしれません。よく見るとどの外壁も屋根もやけにきれいで、中身は現代的なホテルであったり、新たに建て替えられた建物が相当ありそうです。
 それでもこんなに観光客が訪れるのは、町の統一感、特に色と材料へのこだわりが半端でないからでしょう。赤い三角屋根、茶色の木材で区切られた白い漆喰壁、街路に敷き詰められた灰色の石・・・。改築も新築にも例外はありません。僕が何より驚いたのは衛星放送のTVアンテナ。なんと屋根につくアンテナは赤く、外壁につくアンテナは白に塗り分けられていたのです。人気の秘密は町を愛する住民の誇りとこだわりでした。

2018年8月14日火曜日

海外スケッチ旅行にでかけよう ドイツ編 その9 コウノトリが見守る街  


 
 町の入口、レーダー門をくぐると、一気にタイムスリップ、目の前に中世の町並みが現れます。正面に建つのは時計台のあるとんがり屋根のマルクス塔。よく見ると外壁に銃眼らしき穴があちこちにあり、入口のアーチの向こうに町並みが続いているようです。それもそのはず、その昔この町が大きくなる前、ここがローテンブルクを守る城門だったそうです。
 塔の隣、三角屋根のてっぺんに奇妙な突起があります。おやっとよく見ると2羽の鳥が羽を休めていま。何故こんなところに?と調べてみると、これはコウノトリの巣でこの町の名物のようです。コウノトリはドイツの国鳥、そして昔から赤ん坊と幸福を運ぶ鳥といわれています。ローテンブルクはそんなほほえましい伝説を大切にする町でもあります。

2018年7月29日日曜日

海外スケッチ旅行にでかけよう ドイツ編 その8 ローテンブルクの門


 ヴュルツブルクから列車で1時間、ローテンブルクに到着しました。言うまでもなくドイツを訪れる観光客の人気NO.1都市です。ここでの滞在は3日間。到着時間が遅かったことと、滞在時間にちょっと余裕があるので、この日はスケッチせず、ロケハンをしながら中世の町並みを楽しむことにしました。お勧めは石畳の街路で飲む地元名産の「フランケンワイン」。行ってみようという方、是非お試しください。
 さて翌朝。早速スケッチに出かけます。ローテンブルクは城壁で囲まれた町、最初の一枚はやはり城の正門でしょう。この「レーダー門」はほとんどの観光客が通る、いわば町のシンボル。小ぶりながら、古めかしく歴史情緒たっぷりです。まずは木陰に腰をおろし、挨拶代わりの一枚を親愛の情をこめてスケッチしました。