2018年11月29日木曜日

白のサマーセーター

 ドイツのスケッチ旅行はちょっとお休み。期待していた方ごめんなさい。今日は久しぶりに人物画をご覧ください。
 女性のモデルさんの場合、普通は膝を揃えた、お行儀のよいありきたりのポーズになりがちです。でも今回はちょっと大胆に、足を開いたポーズを取ってくれました。おかげで画面収まりの良い、面白い構図になりました。
「優しい」絵を志す画家としては、背景もなるべく明るくするのが直截的でわかりやすいのですが、今日のモデルさんの魅力は色白肌と真っ白なサマーセーター。バックを明るくするとせっかくの「白」のイメージが沈んでしまいます。なので今日のバックはかなり暗めに・・・具体的には背景を描く鉛筆の種類を変えます。いつもはHからFの硬めの鉛筆を使うのですが今回はHBを主体として描くことに。そしてその上に重ねる絵の具は、落ち着きのある褐色系ではなく「白」の清潔感を際立たせるプルシャンブルーを使いました。ハイライトとバックの濃さのバランスに合わせて、人物の影の部分もちょっと濃いめに色を入れ・・・完成!
さて、狙い通りさわやかな美人画になったでしょうか。

2018年11月22日木曜日

海外スケッチ旅行にでかけよう ドイツ編 その15 フッセン1

 ドイツ旅行の最後はやはり古城のスケッチで締めくくりたい・・・そんな思いで訪れたのがフッセンの町。ここにはバイエルン王国の親子2代の王が築いた城が残っています。父親が築いたのがこの「ホーエンシュバンガウ城」、息子が築いたのがシンデレラ城のモデルになったと言われる有名な「ノイシュバンシュタイン城」です。いずれの城も観光客の人気の高い城で中に入るには指定時間まで相当時間待たなくてはなりません。旅程を考えると二つの城とも内部を見るのは無理・・・と言う訳でホーエンシュバンガウ城のスケッチはふもとの道からの雄姿のみでご容赦ください
 さてこのお城、外観はいわゆる「ロマンチックな古城」というにはやや武骨。調べてみるともともとは12世紀の建築で、長く廃城になっていたものを19世紀にマクシミリアン2世が改築したとのこと。重厚感がありながらも窓周りには適度な装飾があり、堅牢な壁で守られながらも舞踏会が行われたであろう宮殿風の大きな窓もあるというこの姿・・・いわば中世の砦の近世風コンバージョンといったところでしょうか。

2018年10月30日火曜日

海外スケッチ旅行にでかけよう ドイツ編 その14 アウグスブルクの市庁舎

 ドイツスケッチ旅行も終盤。ローテンブルクに 3 泊した後、ニュルンベルクを経由して アウグスブルクに向かいました。この日、残念ながらニュルンベルクでは人混みとこれといって描きた いと思った建物がなかったせいで、何度か画帳を開けかけたものの結局観光だけ。
 でもスケッチ旅行に来たからには、移動だけで一日を費 やすわけには行きません。なんとか今日中に一枚をとアウグスブルクのホテルに荷物だけ預けるとすぐに市中に飛び出しました。
 目的は有名なルネサ ンス建築「アウグスブルク市庁舎」。幸いその広場は、日も暮れかけた時間のせいか、 観光客もまばら。この日初めて迷うことなくスケッチを始めることができました。画面の右側が市庁舎。外観デザインの特徴は左右対称の威厳ある構えでありながら、階高 の高い 4 階部の窓飾りを強調するルネサンスらしいデザイン。そしてこの階の内部が有 名な「黄金の間」になっています。機能と意匠がマッチした近代建築顔負けの設計です。そし て左側が「ペルラッハの塔」。たまねぎ型の屋根形状は市庁舎と共通のモチーフ。両者の色 も形も高さのバランスも市民広場のシンボルににふさわしい調和の取れたデザインです。
 残念だったのはガイドブックに「必見」とある華麗な黄金の間とペルラッハの塔から見下 ろす町の絶景を堪能する時間が取れなかったこと。でもこれは描くこと自体に時間を取られてしまうスケッチ旅行の宿命です。割り切りが肝心と言い聞かせて家路につきました。

2018年10月21日日曜日

海外スケッチ旅行にでかけよう ドイツ編 その13 ローテンブルクの二重橋


ローテンブルクに到着して2日目の夜、城壁の外に古い2重橋があることを知りました。
橋のある風景にこだわりのある僕としては見過ごすことはできません。翌日ホテルの人に道順を尋ねさっそく現地を訪れました。地図を見たときは城壁を大廻りしなければならないかと思っていたのですが、実はこの橋の近くに町の出口があり、そこを抜けると案外あっさりたどり着くことができました。
きっと森を切り開いて作ったのでしょう、シンプルだけど存在感たっぷりの二重橋です。建造されたのは14世紀だけあって、重なるアーチも長年の土砂に埋もれそう。でも当時はこの橋を渡って多くの商人がヴュルツブルクからローテンブルクへ、さらにアウグスブルクへの交易に向かったとか。そんな歴史ある橋とローテンブルクの美しい町並みを重ねるとこんな素敵な構図が出来上がります。
涼風に揺れる草原でこの風景を心ゆくまでケッチできるしあわせに感謝です!