2018年6月12日火曜日

海外スケッチ旅行にでかけよう ドイツ編 その6 ケルン大聖堂


 ケルン駅から歩くことわずかに5分。聖堂の正面に立った人は皆その巨大さに度肝を抜かれることでしょう。圧倒的な存在感と高揚感!神への信仰と人間の創造力が結実して生み出された傑作に感動するに違いありません。
 えっ、じゃあなぜ正面を描いていないかって?もちろんまたしても降り出した雨が直接の原因なのですが、僕の視界をはみ出してどこまでも増殖するディテールに圧倒されてペンを持つ手が動かなかったからというのが真実です。
 それでもそのまま帰るには忍びなく、傘を手に観光客に混ぎれて歩いていると、ちょうどライン川を渡り終えたころ、急に雨雲が消え青空がのぞき始めました。振り返って見えたのがこのシーンです。濃密な装飾は融けあってひとかたまりになり美しいプロポーションの教会が光る空を背景に浮かび上がっています。古の旅人にはこれほど心強い存在はなかったでしょう。「ラインに浮かぶ旅の道しるべ」・・・ケルン大聖堂もうひとつの顔です。

2018年6月2日土曜日

海外スケッチ旅行にでかけよう ドイツ編 その5 猫城

  バッハラッハの街をスケッチした後はクルーズ船でサンクトゴアールヘ。この町にある城はラインフェルス城と猫城。ケルンへの旅程を考えるとスケッチできる時間は1間ちょっと。必然的に目の前、船着場の対岸にある猫城をスケッチすることとなりました。
城もアングルも他に選択の余地が無かったとはいえ、今にも泣きだしそうな空を背景に赤い崖の上に深い緑に囲まれて建つ姿はさすが世界遺産、中世の風景そのものです。
さてここで質問です。なぜ「猫城」と呼ばれるのでしょう?名前の由来をネットで調べると3つの説があるようです。ひとつ目は城を建てた人の顔が猫に似ていた。二つ目は作った人の名が「カッツ(ドイツ語の猫という意味)なんとか」だった。最後のひとつは城の外観が猫に似ているからというもの。僕の意見はこの3つめ。塔が耳に、窓が目に見える・・・ような気がしなくもない。皆さん、いかがですか?

2018年5月26日土曜日

海外スケッチ旅行にでかけよう ドイツ編 その4 シュターレック城

 今日はまず鉄道でバッハラッハまで行き、そこからサンクトゴアールまで船でライン下りを楽しみ、さらに列車に乗り換えケルンを目指します。えっ、優雅に旅する暇は無いと言ったじゃないかって?でもせっかくここまで来てまったくクルーズしないという手は無いでしょ?そう、船上のモーゼルワインが最高においしかったことをお伝えしておきます。皆さんも機会があれば是非味わってください。お勧めですよ。
 さてこの日雨がやんだ上にもうひとつ幸運が続きます。バッハラッハ鉄道駅から船着場まで歩いていると昨日大雨で絵にできなかった「シュターレック城」がいいあんばいにバッハラハの町並みの上に現れたのです。クルーズ船の出航時刻を気にしつつ手早くスケッチ。急ごう。まだ先は長い!

2018年5月9日水曜日

海外スケッチ旅行にでかけよう ドイツ編 その3 マイン ツ 早朝

    翌早朝。昨日の雨を恨みつつ、祈るような気持ちで部屋のカーテンを開けると、どうやら雨はあがったよう。しめた!朝食前にマインツの町をスケッチできるとホテルを飛び出しました。そして着いたところは有名なマインツ大聖堂。さっそくスケッチブックを取り出したものの、典型的なロマネスク様式の正面顔はちょっと面白みに欠けます。ならば横顔をと広場を回り込むとあまりデザインの良くない現代建築がでしゃばってやっぱり絵になりません。 やむを得ず聖堂のスケッチはあきらめて、中世町並みが残るキルシュガルテンという街区に向かいます。歩くこと数分。マルクト広場を過ぎたあたりで後ろを振り返ると、この素敵なシーンが現れます。たった今あきらめたマインツ大聖堂と古い町並みが重なってまさに中世の朝。行きかう人を横目に、ずうずうしく道の真ん中に陣取り、でもちょっとだけ遠慮して、またまた大急ぎでスケッチを完成させました。朝食前の一枚・・・今日は幸先良し!かな?