2018年1月18日木曜日

シンガポール 天福宮

  
このブログのテーマは「人と建物」を描いて人生を考える(楽しむ)こと。その意味では各国の寺院建築にはそれぞれ独自のデザインに民族の精神性が表現されていてスケッチするのにうってつけです。今日はそんな寺院建築にまつわる雑感です。
  前回台北の龍山寺を描きました。派手な色彩と重なり合う屋根の絶妙なバランス、その上で踊る龍の彫刻達に感動したのですが、ここシンガポールでもそっくりな建物を発見しました。天福宮(シアン・ホッケン寺院)です。シンガポールの公用語は英語。
  物価も一人当たりのGDPも日本より高く、いわゆる高所得者層が多く住む国際都市です。距離的な隔たりはもちろん、お国柄もずいぶん違うのに「なぜこんなに似ているの?」と思うのは僕だけではないでしょう。
  ちょっとだけ調べました。中国の宗教は歴史の授業で習ったように、仏教、道教、儒教が基本。少なくとも今回描いた両方の寺とも「道教寺院」でした。しかし道教寺院だけがこのような色彩、屋根構成、龍の彫刻をもっぱら採用しているかというと、どうもそうでもないらしい。儒教寺院である孔子廟にも、仏教寺院でも似たようなデザインは存在するようです。
  ただ、中国本土では第二次大戦後共産党が支配権を握ったとき多くの伝統的な寺院(道教だけではありませんが)と宗教に対する国民の価値観が壊され、今ではむしろ東南アジアの中華系の人々によって道教とその寺院が伝えられたということかもしれません。
宗教にかかわる問題に素人の意見を必要以上に述べるのは控えますが、こんなことを推理したくなったのはこの手で建物をスケッチしたおかげです。皆さんも他の国の寺院に行ったときはお参りと記念写真のほかにぜひ自分でスケッチを一枚描いてください。ちょっと人生を余分に楽しめますよ。

2017年12月21日木曜日

台北 龍山寺


旅先での建物にこだわってきた僕としては、台北で一番有名な寺院、「龍山寺」を見逃すわけにはいきません。ありがたいことに地下鉄「龍山寺」駅から歩いてすぐ、至便なところにあります。門をくぐると本堂でお参りする人々がぎっしり。すばらしい彫刻がたっぷりと鎮座しているらしいのですが、ゆっくりスケッチをするような雰囲気でもなく、彼らと一緒にお参りする時間もないので早々に本堂から退散することに。
でも実は建物を見るには門の外からのほうがいいのです。ご覧ください、この反り返った屋根が複雑に重なり合う様を。しかも日本の寺院にはない龍が踊る棟飾りや軒先の複雑な模様の化粧瓦。そして何よりその華麗な虹を思わせるような色彩。

いつも僕が頼りにするきれいな色を出してくれる「ウインザー・ニュートン」の水彩絵具もこの華やかさを表現するには、残念ながらちょっと役不足。この次ぎ描くときは、油絵またはアクリル画で挑戦したいと思います。

2017年12月12日火曜日

台湾 迪化街


僕の大学の専攻が建築史だったこともあって、このブログで取り上げるスケッチはもっぱら日本とヨーロッパの古い建物をテーマとしています。でも最近東アジアの文化にも心惹かれるものを感じるようになりました。台湾「千と千尋の町」のスケッチ(2017/2/19)やチャイナドレスの女性(2017/2/274/16)の水彩画もその一端です。と言う訳で今回からしばらくアジアの風景にお付き合いください。
 まず今日は台湾で一番古いと言われる問屋街である「迪化街(てきかがい)」です。台北駅から地下鉄と徒歩で20分ほどの場所にあります。ご覧のようにちょっと奇妙な古めかしい西洋風の建物が並びます。古いものは清朝末期の、大部分は日清戦争後の日本統治時代の建物で現在28棟ほどの建物が歴史的建築物とし保存対象になっているようです。
 僕が訪れたのは1月中旬。暖かい台湾とは言え、かなりの寒さ。それでも町は買い物客で大賑わい。一階のアーケードから溢れた人が車道にはみ出て大混雑。とても落ち着いて絵を描けるような雰囲気ではありませんでした。それでもせっかく来たのだからと街路灯と違法駐輪(?)自転車の間に身を滑り込ませ、押し寄せる人ごみをかわしてやっとスケッチしたのがこの一枚です。最低限の人物を画面に入れましたが、本当は建物の足元は人と車でほとんど見えなかったほどでした。
でも実はこの日、描けただけでも幸いでした。ちょうど一週間後に訪れた友人は埋め尽くされた群集で、そもそも満足にこの街路に近づくことさえできなかったそうです。そう、あの観光客にとって悪名高き「 旧正月」の直前なのでした。
旅行の前には、その国の風習を改めて予習しておくことをお勧めします。

2017年11月19日日曜日

アルハンブラの踊り子 その2

A図
B図
上の図(A図)が完成図、下の図(B図)が途中のプロセスです。違いを説明しましょう。
 透明水彩の基本テクニックはいきなり濃い色を塗らないこと。明暗のバランスを一度間違えると修正がきかないからです。B図は薄い色を一通り塗り、画面の明暗を確認し終わった段階です。特に今回は室内と窓の外の風景を合成しているので、統一感を損ねないように慎重に色を重ねる必要があります。
 B図に手を加えた項目は、まず衣装の赤色。フラメンコの華麗な踊りを連想してもらうためにもなるべく派手な赤を塗ります。具体的にはパーマネントアリザリンクリムソンに少しバーミリオンを混ぜてあります。
 次に肌の色。B図のままでは白っぽすぎるので、全般的に肌色を重ねると同時に、踊り子の表情に合わせやや赤みを強くしました。
 背景は室内の壁を砂色に近いベージュに、窓の外の風景は距離感を出すために遠くは薄く、手前を濃くします。室内が赤やベージュ系の色ばかりなので、樹木の緑色は特に重要です。少し鮮やかに、影も濃い目に処理しましょう。
 そして最後に悩むのが胸に下がったショールのレース。油絵であれば最後に面相筆で純白のラインを引いておしまいなのですが、水彩画はいったん真っ赤に塗ったドレスの上に白を塗っても白くはなりません。そこで今回は鉛筆を削るカッターナイフを使用します。刃を立ててゆっくり、慎重に画用紙を削ってゆくのです。美しく切らないほうがレースの編んだ感じが出ます。どうぞ胸の部分を拡大してみてください。僕の苦労のほどが理解していただけると思います。
 自分でもこの絵は気に入っています。次回の個展(開催日まだ未定ですが・・・)に出品する予定ですので、皆さん是非この作品の原画を見にお越しください。