2017年10月19日木曜日

夏を描く その3

今回のモデルさんはノースリーブに麦藁帽子。衣装もポーズも夏らしくて申し分ありません。
例によってまずは鉛筆でデッサンします。肩や腕の曲線と色白の肌が印象的だったのでなるべく柔らかい線で、肌の部分には濃い線を重ねすぎないようにします。ここまでで約2時間。

続いて着彩です。肌色はいつもよりも薄めに、画用紙の白さを生かすように仕上げます。バックは白っぽい肌の曲線を強調するために、シンプルにグレーでまとめてみました。
実は今回はこの段階で友人に貴重なアドバイスをもらいました。
一つは腕や肩のラインを強調し過ぎたせいか、左腕が女性らしくないというもの。なるほど肩から腕にかけての筋肉が不自然…。
もう一つはバックが暗すぎると言う意見。なるほど、僕が目指す「優しい絵」に相応しくない…。持つべきものは友達です。
さてそこでまたまたバックを修正することに。ただしシンプルな表現とすること、人物を引き立てる配色とするという方針は守ることにします。前回は「避暑地の高原」というテーマでバックをまとめましたが、今回はもっと抽象的に、でも明るい夏のイメージだけは出したいと考えました。そこで画面の左上部分の鉛筆を練りゴムでごしごしと落とします。明るくなりました。そこに水をたっぷり含ませたブルーをぼかして塗ります。そのほかの部分はレモンイエローとビリジアンを濃い目に鉛筆の明暗と調和させながら置いていくようにします。細かな背景は描きません。見る人に夏の空と緑を連想してもらうことにしましょう。そうそう、指摘された腕も女性らしく見えるように修正して。
夏の女性・・・完成です。

2017年9月25日月曜日

夏を描く その2


  試しにグーグル検索で「夏」「女性」と入れると海と水着の画像がずらり。どれもちょっと開放的過ぎて今回の背景には不向きです。そこで「椅子」というキーワードを加えてみます。すると山や高原、別荘のテラスのような画像が現れます・・・だいぶイメージが湧いてきました・・・言葉にすれば「避暑地の高原」でしょうか。
 でも角度的にぴったりと背景にはまるような画像はありません。あったとしても著作権が厄介なので、今回は勝手なイメージで背景を作ることにしました。別荘の家具やテラスなどは描きません。具体的な素材があると季節よりも場所のイメージが強くなってしまうからです。色調は夏の高原らしく明るい黄緑色に、太陽の光が白く反射する部分と濃い影を落とす部分をバランスよく配置して・・・距離感を出すために奥のほうは水を吸わせた太い筆でぼかします。さわやかな草原らしく足元の草は風になびく感じで・・・・。
 という訳で、背景を全面的に修正したのが今日の作品です。本来水彩画は出来上がりのイメージを予想して描き始めるのが基本。でもこんなこともあります。皆さんもイメージ通りになるまであきらめず・・・。

2017年9月18日月曜日

夏を描く

暑かった夏ももう終わり。夏の間に描いた作品をいくつかお見せします。
今日のモデルさんの装いはノースリーブのワンピースにショール。ちょっと脚を投げ出して開放的な雰囲気。
いつものように鉛筆でデッサンしたのち、薄めの水彩で着彩。(デッサンのプロセスを復習したい人は以前のブログを参照してください。基本は同じです。)
さて改めて全体をチェック。女性はイメージ通りに出来上がりつつあるのですが、背景はいつものアトリエのまま。せっかくの夏の装いが台無しです。そこで背景を夏らしく工夫することにします。どんな背景がふさわしいと思いますか?
僕の案は来週に。みなさんも考えて見てください。

2017年9月11日月曜日

貧しき武家

 
 角館に現存する主要な武家屋敷はどういう訳かすべて城下町メインストリートの東側に並んでいます。西側は道沿いに塀だけは修景されているものの、その内側は空き地であったり、現代的な公共施設が建っていたり、見るべき保存建物は残っていません。なぜなのでしょう?
  その理由はどうやら町の区割りにあるようです。資料によれば東側は家老級の武士に、西側は足軽の住居に当てられていました。つまり西側は「貧しき武家」のゾーンだったのです。おそらく彼らには家屋や土地を維持するだけの意思も財力も無く、明治以降の時代の変遷にその運命をゆだねてしまったのでしょう。
 でも実はそのゾーンに一軒だけ残っている家がこの「松本家」です。当然立派な塀や門は無く、正面にあるべき来客用の入口もありません。屋根は石を置いて葺き材を押さえる民家方式。家屋の回りは庭園というより菜園スペース。空を覆うほどの大樹など植えられるはずも無く、屋根の上には夏の入道雲が広がっています。
  角館最後の一枚は身分差の厳格な武家社会のスケッチでもあります。