2010年3月28日日曜日

神戸 中華街

中華街と言えば横浜が有名ですが、神戸にも南京町(なんきんまち)と呼ばれる中華街があります。
町の東側、旧居留地と接するようにこの「長安門」があります。

周りは現代的なビルばかりですが、この門をくぐると雰囲気ががらっと変わります。
垂れ幕や縁台のテントの色は赤や緑の、はでな色ばかり。
普段はお行儀を気にする神戸っ子もここでは、立ち食いのし放題です。
ラーメン、シュウマイ、中華饅頭はもちろん、ハンバーガーも中華風。 しかもビールとセットで○○円・・・となかなかお手ごろ。
売り子の陽気な、中国訛りの掛け声に釣られて、僕も大好きな瓶出しの紹興酒を買ってしまいました。
あなたも是非、この「別世界」の面白さを味わってみてください。