2010年2月28日日曜日

伊勢 的矢湾

同窓会の翌朝は雲ひとつ無い快晴。
いわゆるリアス式海岸の絶景を見ようと、早速、朝の「的矢湾」を散策しました。

蒼い海面は、入り江と小島で幾重にも切り取られて、
その度に海の色は明るく、そら色に近づいてゆくようです。
そして湾をつつむ岬の向こうで、ついに空と一緒になります。
これだけでも十分に、自然の造形に感動してしまいますが、この光景にはもうひとつ秘密があります。
水平線を良く見てください。岬の先端にぽつんとかすかなシルエットが浮かびます。
これが「安乗埼灯台」。
一点の「人の気配」がこの光景をさらに魅力的にしてくれました。